読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Independ

情熱にあふれた個性的なショップをリサーチするWEBメディアサイト。

Quorinest

ライフスタイルを通して今まで体験したことのない新しい快適さを提案するセレクトショップが原宿に登場した。 東京・原宿キャットストリートに「これまで経験・体験したことのない新たな快適」をコンセプトとしたセレクトショップがオープンした。 クオリテ…

最近おもしろいと思う敷地について

道路には面してない建物があって細い通路のみで道路につながっているってやつです。 今回はそれがどんな風にいいか、実例的なものを見ながら説明しようと思います。 イメージは京都の料亭とかそんな感じですかね。 道路には門構えと看板だけあって、店へとつ…

縫製工場からブランドを目指す

レザーバッグ縫製工場の「ふく江」はもともと下請け縫製工場だった。業務の拡大を図り、OEM専門の工場へと転身。 さらに自社ブランド立ち上げでは原料の直接仕入れに踏み切った。 逆境に対してポジティブシンキングで立ち向かう「ふく江」のあきらめない精神…

Utility Canvas

1990年、NEW YORKで創業した『ユーティリティー・キャンヴァス(UTILITY canvas)』のショップ。 古い民家をリノベした店舗はむしろ壁や天井板をはぎ取ってペイントしたのみ。 飾りっけのない店舗デザインにカラフルな商品が映えます。 ニューヨークの建物と…

starnet

陶器で有名な栃木県益子町に本店を構える「Starnet」の東京店。 益子で作られたものを東京に向けてセレクトしたショップです。 スターネット主宰の故馬場浩史氏が、自分の理想的な居場所として見つけたのが益子で、そこで自然と調和したオーガニックなそして…

エクストリーム系の聖地 「ヴェニス・ビーチ」!

LAのアボットキニー通り(Abbot Kinney Blvd)を視察してそのままヴェニス・ビーチまで。 さすがに日が落ちるとちょっとヤバいですよとくぎを刺されたので日中の健全な時間帯で(笑)。 アボットキニーからメインストリート(Main Street)を南方向に歩いてウイ…

日本的な「名刺交換」の様式美に「魅せる」動作を加える。

ダンカン ショットンさん (デザイナー/Duncan Shotton Design Studio)。 世界でも珍しい「名刺交換」という日本的なビジネスマナーの『様式美』の中において、一つの所作の中にメッセージが浮かび上がるという『遊び』の一品。 日本独特の製品カテゴリーに…

エースホテル・ニューヨーク

エースホテルに関してはすでに語りつくされてるし、写真もいっぱい出回っているので、あまりお目にかからない写真だけを集めてみました。 お気づきになられると思うんですが、メッセージが多いんです(笑)。 もうね、空いたスペースは文字で埋めろってくらい…

高機能性を実現することで存在するメイドインジャパン

高野口産地にあって屈指の名門とされるのが妙中パイル織物さんにお話を伺いました。 意匠性の高い表面感と耐久性の高さを同時に実現できることが妙中パイルの特色であり、これまで、ファッションブランドでは「コム・デ・ギャルソン」や「マスターマインド」…

SyuRo

かっこよく気取ったモノでもない。 かっこよくあたたかいモノ。 思いやりとか心意気、そんな空気を生活デザインとして伝えていく「日常のデザインプロダクト」 independ.tokyo

スーパーブランドに生地を供給するフェイクファー特化型メーカー

シャネル、プラダ、ルイ・ヴィトンといったヨーロッパの錚々たるラグジュアリーブランドに生地を供給し続けている岡田織物さんです。 independ.tokyo

ロンドン観光でファッションみるなら見逃せない高感度ストリート「ラムズ・コンデュイット」

ロンドンの中心部、大英博物館の南にラムズコンデュイットストリートという通りがありまして大変なメンズファッションが集まっています。 でも、今はそうしたものを中心にしたライフスタイル系のショップを合わせてかなり感度の高いミキシングが出来上がって…

日本独特の製品カテゴリーがたくさんあり、それらが私にとっては新しくエキサイティングです。

ダンカン ショットンさん (デザイナー/ダンカン・ショットン・デザイン・スタジオ)。 日本で活動されている外国人の方はたくさんおられますが、デザイン事務所をいきなり日本で作られる方は珍しいと思います。 日本人でもいろいろと面倒だし億劫なんですが…

組む

国内と海外の志を同じくする仲間が“組み”ながらつくるショップ、ギャラリー、コミュニティ・スペースの機能をもった空間。 住所でいえば東神田となりますが、駅でいえば馬喰町。 でも馬喰町や日本橋横山町の問屋さんが並ぶ活気のあるエリアからは少し離れて…

ALASKA

中目黒のファーサイド。ベジタリアン御用達のリラックス空間。 シャビーシックな外観と使い込まれたライブ感のあるインテリア。 中目黒が『センスのいい街』っていう評価を得て、いろんな店の出店がどんどん続いていて、メジャー系や芸能関係まで出店する始…

秩序や社会規範にがんじがらめの日本的な日常生活。奇妙な形態の自然物が、日常の文脈を逸脱し、新たな知覚を呼び覚ます。

井上織衣さん(アーティスト) パリ在住。 井上織衣さんの作る作品は、小さな優しさと不思議な柔らかさでできている。 普段目にすることがある自然のモノが、私たちの日常生活に問いかけてくる。 私たちの体の中に普段使わない器官があって、その作品が発信…

MARUICHI BAGEL

白金高輪の超人気ベーグル店。 NY仕込みの本格派が「普通」の「日常」として街に溶け込んでいるんだけど、それが本質的に高感度で堪らない。 independ.tokyo

成熟したオトナの色気が漂う“チェシャー・ストリート”

ロンドンに行くなら断然ショーディッチに行かなければならないのですが、そこでもわりといい店がかたまってる通りがあります。 今回はチェシャーストリート(cheshire street)を紹介しますね。 ブリックレーン(Brick Lane)に交わる通りなんで行きやすいとこ…

パリの “サケ・サムライ”

シルバン・ユエ Silvain Huet (日本酒啓蒙家)。 2012年、日本酒や日本の食文化を広く世界に発信していく『サケ・サムライ』にフランス人として初めて叙されたシルバン・ユエ(Sylvain Huet)氏にインタビューをしてきました。 independ.tokyo

まるでNYが引っ越してきたみたいな“レッドチャーチストリート”

ショーディッチはそんなに広い街でもないのでざっと見て回れば面白いお店がかたまって出ているストリートがすぐにわかります。 ブリックレーンは週末のお楽しみで必ず行くとして、ぶらぶらするならレッドチャーチストリートが一番ですかね。 アヴァンギャル…

焼き物の魅力について再考する

タイルメーカー “ダイナワン”様と進めてきた焼き物の新しい価値を提示する取り組みで、プロトタイプを展示することになりました。 independ.tokyo

BLUE BIRD AT SUN

ストリートのなかに埋もれるのでなく、景色としてのストリートにこだわったプレミアムな場所。 2016年6月25日にグランドオープンした「BLUE BIRD AT SUN」。 independ.tokyo

and Pheb

古着とビンテージの街、高円寺のファッション事情に適合したアメカジとレプリカ系セレクトショップ。 高円寺は古着とビンテージウェアの町といってもいいでしょう。 ナショナルブランドやグローバルブランドは全くなく圧倒的なそれらのショップの多さと狭い…

BOOK AND SONS

静かで知的な遊びを愉しむなら、タイポグラフィーの専門書店はいかがでしょうか? 出店に関してはセオリーなら人が集まるところ。 目の前の道路をどれだけの人が通ってくれるかというのは大事な指標で、商店でもとりわけ買回り品といったたぐいの品揃えの店…

Output

世界のファッショニスタを魅了するパリのセレクトショップ “Colette(コレット)”の「クリエイティブディレクター」サラ・アルデマンさんにしつこくメールしました(笑)。 independ.tokyo

FOOD & COMPANY

個人商店のような人間味溢れるコミュニケーションを大事にしながら適度な利便性もバランスよく融合させた食料品店。 「何気ない日常の中にいかに幸せの要素を見つけられるか」、というクリエイティビティーを追及しているグロサリー「FOOD & COMPANY」さん。…

ロンドンの人たちは文化的な多様性を理解していますし、カルチャーに対してリスペクトを持っています。

Cafe OTO オーナー 山本景子さん。 ロンドンインタビュー第一弾。 今話題のイーストロンドンの北部に位置するダルストンにあって、音楽好きからカルトな人気の“Cafe OTO”のオーナー山本景子さんにお話を伺いました。 independ.tokyo

豆魚雷

フィギュアを見るならぜひ行ってみた方がイイ。 ディープなフィギュアの世界と現代美術として見てもいいディテール。 サブカルといえば秋葉原、中野、高円寺でしょうか。 そんなカテゴリーのなかでも今回はフィギュア。 しかも高円寺。 前にも高円寺のショッ…

ギャラリーじゃなくってギフトショップ

ショーディッチの目当てはブリックレーン。 グラフィティも刺激的ですがクリエイティブをどんな風に世の中に出していくかは考えないといけませんね。 イーストロンドンをぐるりと見て回りましたが気になったお店について。 ショーディッチはグラフィティは多…

hitokadoru

カフェ的な要素をもった下町のオフィス街のワイン食堂。 日本橋浜町と新日本橋駅の間くらい。 清洲橋通りから隅田川川に一本中に入った道に「Hitokadoru」はあります。 このエリアはマンションとオフィスビルが混在するエリアであまりお店が多いエリアではな…

都市の再開発は悪か?

イーストロンドンの中心地、ショーディッチ。 アーティストやクリエーターが多く住み刺激的な街と評判でしたが観光地化。 そして駅周辺の再開発。 賛否両論ですが・・・。 ショーディッチ・ハイ・ストリートとオールド・ストリートとハックニー・ロードの交…

過剰への愛情と撞着がシニカルな観察眼で生み出した異色のキャラクター

chi-bee designer 伊藤 岳洋 さん。 目に留まってしまったら目が離せない。 ディテールの描き込みまで見ずにいられない。 異色のキャラクターを独自のタッチと鋭い観察眼で誕生させている “chi-bee”さん。 いったいどんな人がこんなキャラクターを生んでるん…

INN

3.7坪の『気軽に立ち寄れる空間』であり『都市生活のレイドバック』的な複合型コンセプトショップ。 きわめてコンテンポラリーな茶室とでもいうべき空間性。 independ.tokyo

しろいくろ

店内は静謐で柔らか。 「和」とも「洋」とも言えるようなニュートラルな印象。 素材感を消さずにゆったりと対比させながら、全体的には「白い」はんなりとしたなかに質感のコントラストがあります。 independ.tokyo

無機的でありながら、有機的な優しさをあわせ持ったニュートラルな素材。

株式会社アボード 代表取締役 吉田 剛 さん。 目黒の“abode”さんは、ライフスタイルにアクセントを付け、感性を心地よく刺激する製品をつくる小さな家具屋さんです。 無機質でありながら有機的な優しさを持った素材「フェルト」。 そのやさしく柔らかな風合…

言葉を身にまとう、アクセサリーの新境地

株式会社5108(コトバ) 代表・岩根堅城さん。 やって来たのはとあるインテリア・ショールーム。 その建物の片隅が、言葉をデザイン化したユニークなアクセサリーを製作する5108のアジトとなっていた。 それぞれの商品に刻まれた言葉は、作り手の意図を離れ…

STAR CASE

スターウォーズの世界を堪能する。 『オタクな世界』があることは既に広く認知されていますが、およそ重篤な症状を伴う傾向のあるコンテンツもありますが、広範囲に亘って症状の軽重を問わず広がっているコンテンツもありますね。 それの最たるものが『スタ…

BUCKLE KOBO ~ 東京最後のフロンティア、京浜島の鉄工所をクリエイティブハブに

アーティスト 藤元 明氏、寺田倉庫 アート事業企画プロジェクト 伊藤 悠氏。 アートファクトリーへリノベーションされる京浜島の鉄工所。 湾岸エリアの開発を手掛ける寺田倉庫によって行われるその地区開発プロジェクトは、クラウドファンディングによって広…

オーガニックの仕掛け人による次なる一手

株式会社MASH UP 前野欽哉さん。 オーガニックの「太陽のマルシェ」を手掛けてきた株式会社マッシュアップ前野氏が満を持して京都に進出する。 オーガニックの生産者とのつながりを武器にアイスキャンディー「SHONAN POPS」を開発。 鎌倉を本拠地に日本の各…

PUEBCO

モノとして酷使に耐えるような肉厚の素材とそうした剛健さがあるモノに、ちょっと見える「かわいさ」が最近の雑貨/道具ブームのキモ。 国道246号線沿い。 三宿の交差点から三軒茶屋方向に少し行ったビルの2階にある雑貨店 “PUEBCO” は、先に紹介した家具と…

五星鶏飯 (FIVE STAR CAFE)

リアルなアジアの雰囲気を持つ中目黒の隠れ家。 中目黒の本格的な鶏飯を食べさせてくれる店。 雰囲気がソレ風なんで気分もいやがおうにも盛り上がるというもの。 かすれた風合いとコンクリートにペイントしたラフな感じが実にアジアなテクスチャーとなってお…

BLOOM’S

ブルーグレイが控えめで抑えた印象のファサード、温かみのあるインテリアが外から見えるので、それらが前面に出てきていて、きれいなコントラストを形作る。 おしゃれな街として人気の自由が丘。 メインのストリートはメジャーなお店が多いのですが自由が丘…

The Bake

小さな小さなスペースと濃厚な密度をもったベイクショップ。 渋谷から代官山に向かって歩くと桜丘町はちょうど山のようになっていて上って下りてのちょっとした登山をしないといけません。 その桜丘町は渋谷の再開発エリアになっていて、これから大きな工事…

Path

富ヶ谷エリア(代々木八幡/奥渋谷)の「食」の充実ぶりにトドメヲ刺す。 今注目のエリア奥渋谷をさらに奥地に進むと井之頭通りを越えて代々木八幡駅に至るわけですが、そのあたりの「食」の充実度、成熟度合いは注目に値します。 “PATH”は「ROJIURA」の原太…

toff

何気ないものの集大成になっている「ノームコア」なネイバーフッドのショップ。 三宿通りといわれる都道420号線の三宿交差点と五本木の交差点までの間は、面白い店が増えてきてます。 五本木側にひとかたまり。 三宿のほうにもひとかたまり。 間を埋めるよう…

rdv o globe

ファッション業界を知り尽くした達人が世界から集めて生まれた濃密な感性をゆったりとした時間の流れで愉しむショップ。 渋谷の街は大規模な改造が進みだしました。 中心部は工事中で新しい形に生まれ変わる最中ですが、そうした動きにあわせるように外縁部…

branch

ゆったりとのんびりとした空気感と本格派のフランス家庭料理。 目黒区祐天寺。 祐天寺駅から徒歩で5分かからないくらいにある“Branch”。 人も車も少なくのんびりしたエリアにあります。 ファサードはモルタルを左官でこすり付けた手作り感のある風情。 大き…

Union Square Greenmarket (New York Report vol.3 )

無添加とオーガニック! ニューヨーク近郊の農家の野菜や果物、園芸関係が集まる、ニューヨーカーのためのマーケット。 日本においてもこうしたマーケットがあちらこちらで出てきていますが、NYだとどんなもんかなぁという興味で足を運んでみました。 indepe…

24/7 KIOSK

お客様とスタッフの間に境界がないアットホームな雰囲気の店。 八幡通りを代官山から並木橋に向かって線路を越える橋の手前。 24/7の文字はなく珈琲豆のマークだけのお店。 外観も内装もシンプルに徹した珈琲ショップ。 24/7は“twenty four seven”と読み、24…

W%

“Shabby”な感覚のビンテージ家具は独自の感覚が大切。 国道246号線玉川通りの三宿交差点から三宿通りを五本木方面へちょっと行ったところにW%(White Percent)があります。 このあたりはショップが結構増えてきていてなかなか楽しい感じになってきました。 i…